menu
閉じる
  1. 「ほうれん草&ベーコン」は結石患者への最凶コンビ!
  2. 痛み止めの万能ツボ「合谷」は「結石痛」に効くか?
  3. 結石の再発は「重曹水」で防止できる
  4. 尿路結石と再発、痛みのぶり返しについて
  5. 突然だが、その1「突然だが、入院中である」
  6. 酒と春、結石の疝痛発作の頻発時期には発泡ルイボスティー?
  7. 結石を早く体外に出す方法 ①「大量の水」で流す
  8. 尿が酸性だと結石が出来やすい
  9. 結石を「押し流す」&「結晶化を防ぐ」効果のある飲み物とは
  10. 「尿路結石を防ぐ食事」6か条
閉じる
閉じる

血尿改善、結石の痛みから逃れる方法

結石を早く体外に出す方法②-6「縄跳び」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

結石を早く体外に出す方法 ②「運動」で押し出す」の続きで、積極的に、より早く「結石を押し出す」方法はないかと検証していく。

「結石を早く出す」ための「軽い全身運動」リスト
  1. 歩く(ウォーキング)
  2. 階段を昇り降りする
  3. 屈伸運動をする
  4. ジャンプする
  5. トランポリンをする
  6. 縄跳びをする
  7. 水泳をする
  8. ジョギングをする

今回は、6つ目の「縄跳び」だ。

縄跳びはボクサーが減量のためにやると聞く。
どうしてもダイエットのイメージが強いが、
結石を外に出すという意味ではどうなのだろうか?

 

 

縄跳びはジョギングの1.3倍の運動量があるらしい。
確かにジャンプのみに比べて、ずっとキツく感じる。

縄に引っかからずに飛び越えなくてはいけないので、通常のジャンプよりも高く飛ぶ為かもしれない。
リズミカルに縄を回さねばと腕も努力するし、足もタイミングを合わせてジャンプせねばと意識する為かもしれない。手首のスナップ(?)も要求される。

つまり、ただのジャンプよりも脳がフル回転して、全身を動かす高度な運動なのだ。素晴らしい。

だが素晴らしいのはいいが、とりあえずは結石が出るか出ないかが重要なのだ。ダイエットをするわけではない。
で、実際にやってみた。

 

小学生の頃と比べて体が重くなったせいで、かなりキツイ。
単純な両足とびを数回やった後に二重跳びをやってみたが、2回目で足が引っかかった。
気を取り直してまた飛んで見るも、二重跳びは十回がやっと。
こんなはずでは・・・。昔は二重跳びが百回は軽くいけたはずなのに。

結石のためには二重跳びでなくてもいいのかもしれない。
でも縄を回しているとつい二重跳びしたくなるのは何故だろうか。

とりあえず検証の為に単純な両足とびのみをやってみる。
つまらないし飽きるが、我慢の子でしばらく飛ぶ。が、その内に足が引っかかって止まってしまった。
時間にして1分程度だったが、かなりきつい。息が上がっている。

「縄が短いせいだ」とか、「久しぶりだったから」と言い訳をしつつ、少ししてまたチャレンジしたが、尋常でない汗はかくし、ジャンプの度にズシンズシンと地面に伝わる衝撃が足から響くのが気持ち悪い。
身体が重くて思い通りにならないのが気分が悪いのだ。

また、場所も自宅前の道路でやったのだが、通行人がいるからやりにくく恥ずかしい。
マンション下の駐車場に移動したが、そこはコンクリートで音がかなり響くし、縄跳びの持ち手が飛んで行って車にあたったら、と考えると落ちついて出来ない。

そう。独特の音がするので、朝でも夜でも近所迷惑になるのは必至なのだ。
コンクリートは特に音が響く。足にも悪い。
アスファルトはコンクリートに比べればまだマシだが、やはり縄跳び独特の音が気になる。
一番良いのは、グラウンドや芝生など柔らかい場所なのだろうが、近所では公園くらいしか利用出来ないし、やっぱり何となく人目が気になる。かっこ良く飛べればひと目も気にならないのだろうが、いかんせん・・・。

というわけで、家の中で出来ないだろうかと試してみる。座薬を用いて激痛がひく一瞬に試せるとしたら、やはりトイレに近い家の中が一番いいに決まっているし。

が、家の中の縄跳びは、予想通りやはり適さなかった。
さすがに二重跳びは出来ないし、両足飛びのみでも、両足ゆえの振動&衝撃はもちろん、縄を飛ばこえなくてはいけないから、かなり力強く床を蹴っているらしい。
片足交互飛びなら、振動は少し軽減されるかと思ったが、片足交互飛びは縄をリズミカルに高速で回さないといけないので、縄が床にパシパシ当たる。
それに何よりかなり場所を取るし、家の中の物を壊す確率が高い。怒られる。

運動としてキツイ上に、場所も限られて、なかなか出来ない。
本当に結石に縄跳びは有効なのか?

それとも単なるジャンプだけではない、何か重要なポイントがあるのだろうか?

 

ネットを探すとやはり「水と縄跳び」は結石排出の定番だ。

ふと、結石症にかかった有名人のリストを思い出してみる。
サッカー選手や野球選手、芸能人などは多いけれど(目立つからね)、他のスポーツ選手はどうなんだろう?

テニス選手では錦織圭が結石症にかかっている。プロゴルファーも何人か名前が挙がっている。長時間のスポーツはやはり体内の水分量の減少が激しいのだろう。

では、縄跳びを日常的に行うボクサーは結石にならないのだろうか?

プロボクサーで具体的に結石として挙がってきたのは、ウクライナのウラジーミル・クリチコ選手。2011年に腎臓結石で防衛戦を休んでいる。

だがウラジーミル・クリチコ選手は腎臓結石で、自然排出ではなく摘出手術を受けていた。

仮説だが、もし縄跳びが「出来た結石の自然排出を手伝ってくれる」としても、石が腎臓の中で大きく育ちすぎてしまったら、さすがに尿管の細い管には入れず腎臓に留まるしかない。それで摘出手術になったのではないか。

その他には、ボクサーが尿管結石、膀胱結石で苦しんだ、という記事は簡単に探した範囲では見つからなかった。サッカー選手や野球選手に比べると少なく思える。

母数的、活躍度的に、ただ目立たないだけなのかもしれないが、ボクサーも他のプロスポーツ選手同様、水分不足はあるだろう。激しい運動だ。

それでも結石が少ないということは、石が出来たとしても割と簡単にサラッと排出出来てしまう為に、あまりスクープされることがないのかもしれない。

やはり縄跳びは結石排出に効果あり・・・と言える気がしてきた。

でも、何故「縄跳び」なのだろう?

 

縄跳びと言えば、リズミカルなジャンプ♪

もし、リズミカルな動きに結石の自然排出の秘密があるならば、例えばダンサーなどは結石で悩まないのではないか?

で、ダンサーと結石で検索したが、確かにあまり見つからない。

一人、過去にバレエダンサーの名前が挙がったが、彼女はウラジーミル・クリチコ選手と同じ腎臓結石だった。ムリなダイエットをしたらしい。

彼女の場合「踊れなくなるから手術はしない方がいい」と師匠に言われ、摘出手術を受けなかった。

病中、しばらく舞台を離れて引きこもっていたが、二年後、ガラスの仮面の北島マヤばりに
「私、やっぱり舞台に出たい!」と復帰。
butai2

その結果、奇跡的に「手術なしで病気を克服」している。

それはもしかして、手術が必要な「ある程度大きな結石」を、「踊って奇跡的に自然排出」しちゃったってことでは?

リズミカルな動き、恐るべし。
結石持ちはダンスを習うといいのかもしれない。

というわけで、縄跳びはやっぱり結石に効くと言えそうだ。

 

と、改めて縄跳びの凄さを実感したところで、縄跳びの正しいやり方について調べてみた。
縄跳びと言えば、やはりプロボクサー。

「プロボクサー式縄跳び法」

  • 呼吸は穏やかに鼻でするように
  • できるだけコンパクトに跳ぶように心がける
  • ひざを少し曲げて、つま先で跳ぶ
  • 肩ではなく腕で縄を回すようにすると疲れにくい
  • ふくらはぎが痛くなったら無理せずやめる

まずは「2分跳んで30秒休憩」から始めましょう。跳ぶ回数としては1分間60回くらい。慣れてきたら1分間に跳ぶ回数を増やしたり、跳ぶ時間を伸ばしたりしましょう。【場所は道路より芝生やグラウンドで!】

縄を回すので、人にぶつからない広い場所であることは最低条件です。アスファルトなどの硬い道路は短時間なら大丈夫ですが、慣れてきて長時間するようになると関節を痛めるかもしれません。柔らかい芝生やグラウンドの上がいいでしょう。

アンチエイジング Life

上記は本格的に減量をするボクサーの為のものだが、結石を出す為に一定期間行うことを前提として、足や腰などに余分な負荷があまりかけずに長く続けるコツとして覚えておきたい。

簡単に言うと「柔らかい場所で、膝とつま先を意識して、穏やかに無理なく」がポイントなのだろう。

 

次が、長く無理なく続けるための「自宅de縄跳び」の問題解消だ。
自宅用、持ち手のみの縄跳びがちゃんと存在した。

「エアージャンプロープ」

左右の持ち手に70gのボールが一つずつ付いている。これをグルグル回してタイミングよくリズミカルにジャンプしようという代物だ。

タイマーをセットすることが出来、目標時間がくるとアラームが鳴ってくれるので、モチベーション維持に役立つ。

メーターもついていて、回数を教えてくれて、体重や消費カロリーなどを計算してくれる。別にダイエットではないからカロリーは必要ないが、回数とタイマーはうれしい。

縄跳びは、足が引っかかったり、何かにぶつかったり、タイミングがズレたりして止まってしまうと、気持ちも萎えてそこで終了しがちだ。
でもエアーなわとびならばそういう邪魔はないし、タイマーがかけられるので、せめて3分だけは、と頑張ることが出来る。

また、振動が気になる人には振動吸収マットがある。マットを敷くと足への負担も吸収されるらしい。
が、レビューだと「マットが小さい。ズレる。」などの意見が多かった。

通常、普通のジャンプでも、飛んだ後に同じ位置に着地することは難しい。これは身体の左右の筋肉バランスがずれているせいらしい。プロのダンサーや武道の達人は、同じ位置に着地が出来るという。

というわけで、縄跳びの達人になれば同じ位置への着地が可能になり、マットのズレも気にならなくなるのだろう。それを目指すという目標も可能だ。

 

というわけで、縄跳びは結石排出に効果的であるという実証がされたのだが、出来ればもっとラクで早く完璧に出す方法ってないものだろうか?

 

結石を早く体外に出す方法②-7「水泳」へ続く


 

関連記事

  1. 結石を押し流す水のイメージ

    結石を早く体外に出す方法 ①「大量の水」で流す

  2. trampoline

    結石を早く体外に出す方法②-5「トランポリン」

  3. jump

    結石を早く体外に出す方法②-4「ジャンプ」その後

  4. squat

    結石を早く体外に出す方法②-3「屈伸運動」

  5. spiralstep

    結石を早く体外に出す方法②-2「階段の昇り降り」

  6. racewalk

    結石を早く体外に出す方法②-1「ウォーキング」

おすすめ記事

  1. 突然だが、その1「突然だが、入院中である」
  2. 酒と春、結石の疝痛発作の頻発時期には発泡ルイボスティー?
  3. 「ほうれん草&ベーコン」は結石患者への最凶コンビ!
  4. 結石を「押し流す」&「結晶化を防ぐ」効果のある飲み物とは
  5. 結石を早く体外に出す方法 ①「大量の水」で流す

尿路結石を流す為に飲むなら、水よりお茶

「もう一押し」の結石なら、水よりルイボス茶。

Ca、Mgと利尿作用で、スッキリ排出を助けます。

カフェインレスで、いつでもガブ飲みOK。



1月分のお試しセットで短期解決。


ルイボスティー専門店【ノバテック】

(プレミア和風ルイボスのお試しがオススメ)

管理人について

純さん
ナビゲーター: 純さん
私は純さん。 社会保険労務士である。 忘れもしない、2014年3月某日。 慌ただしい出勤前のトイレの中、 私と結石との戦いは始まった。

↓ ↓ クリックで応援! ↓ ↓

にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ
にほんブログ村
ページ上部へ戻る